Deorartのボトムで作るジェンダーレスなゴシックスタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DRT2071M

昨年から人気の”ジェンダーレスファッション”。性別を超えたこの中性的なファッションは、今年も引き続きブームの予感!
そこで今回は、男女ともに人気のボトムを紹介。
Deorartならではのアイテムをコーデに投入すれば、女のコはカッコよく&クールに、
男のコならミステリアスな雰囲気たっぷりのゴシックスタイルが楽しめます!

[フラップつきガウチョ風パンツ]

DRT2071M-1[1]

昨年一大ブームを巻き起こしたガウチョパンツ。Deorartがイチオシするのは、ストリートゴシックなエッセンスを効かせたフラップつきタイプ。
シルエットや素材にこだわったアイテムで、オリジナリティあふれるコーデが楽しめます!

ハトメ使いのベルトとジップ使いで、ハードさとモードさをプラス。
ヒトクセあるデザインで、自分だけの個性を発揮して!

落ち感のある素材は、動きに合わせてしなやかに揺れ、ラグジュアリーな雰囲気も演出。
バランスがとりやすいハンパ丈のシルエットも◎。

 

DRT2071M-5[1]

タイつきの燕尾シャツにネイビーのパンツを合わせて、王子様風に。
トップスとボトムのデザインに主張がある分重ね着はせず、全体をスマートにまとめるのがDeorat流。

 

DRT2071M-2[1]

ロングカーデとパンツで、トレンドのルーズスタイルに。
黒のパンツはトップスを選ばず、どんなコーデとも相性抜群!
足元はスニーカーを合わせて、ストリート感もプラス。

[袴風ワイドパンツ]

DRT2071L-1[1]
履くだけでサマになる、ワイドなシルエットとロング丈が魅力の袴風パンツ。
レイヤー風に重なるフラップやジップなど、随所におしゃれ心をくすぐるアクセントが!
カッコ良さを追求したこのボトムなら、みんなの視線を集めること間違いなし!

長めの股下は、高ヒールや厚底シューズと好相性。
身長をスラリと高く見せるので、迫力あるコーデを楽しみたい人におすすめ。

裾に向かって大きく広がる袴風のデザインは、ゴシック・パンク・モードと幅広いテイストにマッチ。
高級感のある素材にも注目!

 

DRT2071L-7[1]

和柄のモチーフが目を引くプリントTを合わせて、和とゴシックを絶妙にブレンド。
ネオジャパネスクなスタイルも今シーズンおすすめ。
赤のパンツがコーデに華を添えてくれます!

 

DRT2071L-6[1]

トップスをジャージにスイッチしてカジュアルミックスに。
中折れハットでこなれ感もプラスして。
トップスの切り替えにアクセントがあるから、ノーアクセでもコーデが完成!

[ゴシックロングスカート]

DRT2072-1[1]

今やスカートは、メンズにとってもデイリーユース的アイテム。
Deorartが自信を持っておすすめするロングスカートは、レイヤー風のフラップを使い、他にはない存在感をアピールできます。
難しいテクニックなしでコーデがキマるのもうれしいポイント!

不揃いなレイヤー風のフラップを使った、ボリュームたっぷりのシルエットがGOOD。
ハトメ使いのベルトがアクセントに!

ひざ下のロング丈だから、メンズもコーデに取り入れやすいのが◎。
オールシーズンOKと、着回し力が高いのも人気の理由。

 

DRT2072-4[1]

オールブラックでまとめた、スタイリッシュなゴシックプリンス。
シャツのフリルとリボンタイで気品を添えて。
退廃的かつダークなオーラをまとって、ストリートの主役に!

 

DRT2072-8[1]

トップスとボトムのカラーをリンクさせて、黒のインナーをサンド。
ロング×ロングのバランスが難しいコーデも、色を合わせればおしゃれにクリア。
渋みを効かせたカラーで、雰囲気を一新させるのも◎。

デザインとシルエットにこだわったDeorartのボトムなら、コーデにテクニックは不要。
早速取り入れて、個性あふれるおしゃれを堪能してください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Deorart shop

Deorart shopはこちらからどうぞ↓

Deorart Shopをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*