春まで着まわす大人なゴシック&ロック羽織3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロックな羽織

季節はすっかり冬本番。とは言え、春はあっという間にやってくるもの。
どうせなら、冬だけでなく春も使えるアイテムをそろえたい!

そこで、今回ピックアップするのが、着まわし力抜群のゴシック&ロックな羽織り。
寒さが厳しいときにはアウターにイン、春めいてきたライトアウターとしてコーデの主役に。
これさえあれば今だけでなく、春のオシャレ計画も万全です!

ゴシック&ロックなロング丈テーラードコート

DRT2321-1[1]

程よい厚みと存在感を持ったポンチ生地を使用した、チェスター風ジャケット。
コートなどのインにも着られ、ライトアウターとしても活躍!
ひざ下までの超ロングシルエットだから、モードやゴシックスタイルとも相性抜群。

 

DRT2321-3[1]

Tシャツなどのカジュアルなカットソーコーデから、きちんと感のあるシャツスタイルまで、
幅広いコーデに使えるテーラードスタイル。

シルバーのデザインボタンで、さり気ないモード&ゴシック感も盛って。
毛玉もできにくいので、レイヤードスタイルにももってこい!

 

DRT2321-2[1]

パラシュートベルトとこ拘束衣をイメージした、ハードなカットソーをインナーに着用。
ジャケットのボタンは全開にして、フロントのデザインを主張して。
ボトムはブーツインして足元をタイトにまとめれば、ロング丈のジャケットもバランスよく着こなせます。

 

DRT2321-8[1]

ロングチュニックとロングジャケットの“ロング”同士の組み合わせは、
カラスマスクやネクタイなど、視線を上に誘導させる小物を使ってバランスアップ。
差し色なしのモノトーンコーデで、カッコ良さも極めたゴシックスタイルに。

 

ゴシック&ロックな変形ロングカーディガン

DRT2322-1[1]

アシンメトリーな衿のデザインが、シックなモードスタイルを作る変形ロングカーディガン。
裾の燕尾のカットを施し、シンプルながら存在感のあるスタイルに。

 

DRT2322-4[1]

衿と裾部分は縫い愚痴をカットし、ダメージ風の風合いを演出。
程よい厚みを持ったポンチ生地は、ロングシーズン使える着まわし力の高さが魅力。
重ね着にも重宝するお利口アイテム♪

 

DRT2322-2[1]

オールブラックでまとめた、大人の雰囲気漂うワントーンコーデ。
ドルマンシャツとジャケットのレイヤードでトップスにボリュームがある分、
ストレッチの効いたスリムパンツでメリハリを。
燕尾同士の組み合わせも、オシャレ感を高めるポイントに。

 

DRT2322-7[1]

ブルーのプルパーカーをインナーに着用し、青を差し色に聞かせたクールモノトーンスタイル。
変形デザインのコンビで、個性際立つスタイルへと昇華。
太ももはボリューミー、ひざ下はタイトなジョッパーズパンツも、燕尾ジャケットと好相性!

 

ゴシック&ロックな変形ボリュームカーディガン

DRT2323-1[1]

ボタンを留めるとマントのような個性派デザインに様変わりする、
ワイルドなシルエットのカーディガン。
程よい厚みを持ったポンチ生地を採用しているから、ロングシーズン使いやすいのも◎。

これ1枚でモードな雰囲気に仕上がる、存在感たっぷりの逸品!

 

DRT2323-4[1]

生地をたっぷり使ったボリュームのあるシルエットと、
アシンメトリーのオリジナルなスタイルがモードな雰囲気を底上げ。

ゴシック・ロック・ミリタリーと、幅広いテイストに使えるのも高ポイント。

 

DRT2323-3[1]

マントのような個性派シルエットだから、
シンプルなパンツルックもたちまちシャレ感たっぷりに。

カラスマスクやシドリングチョーカー、レースアップブーツなどハードな小物を投入して、
コーデのアクセントづけに!

Deorartの優秀アウターがあれば。ネクストシーズンのコーデだって完ぺき!
着まわし力の高いアウターで、賢く&カッコよくオシャレを磨き上げて!

Deorart shop

Deorart shopはこちらからどうぞ↓

Deorart Shopをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*