春まで着まわすモードなライトアウター3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春まで着まわすモードなライトアウター3選

朝はまだ肌寒いけれど、日中はポカポカ陽気。
寒暖差の激しいこのシーズン、悩みどころとなるのがアウター選び。
そこで、Deorartがおすすめするのがモードなライトアウター。

インに着ても1枚で着てもOKな素材と、スタイリッシュなルックス、トレンドを加味したシルエット。
この春のおしゃれを約束してくれる、3つの買うべきアウターを紹介します!

モードなロング丈 テーラード チェスター ジャケット

DRT2321-1[1]

ライトアウターとしてはもちろん、コートなどアウターのインにも着られる、
程よい厚みとポンチ生地を使用。
ひざ下までの超ロングなシルエットと、カッコ良さを極めたチェスター風のジャケットは、
モードやゴシックスタイルと相性抜群!

DRT2321-3[1]

ポンチ生地はオールシーズン使いやすく、着まわし力も申し分なし!
きちんと感のあるシャツはもちろん、ラフなカットソーやTシャツにも合わせやすい上、
コーデ全体の雰囲気をモードに格上げしてくれる心強いアイテム。

シルバーのデザインも、おしゃれなワンアクセントに!

DRT2321-11[1]

ネコモドキのロンTとジョッパーパンツのストリートな組み合わせも、
ャケットをオンするだけで辛口のモード仕様に様変わり。

足元はブーツインしてスマートにまとめ、ロング丈ジャケットとのバランスを調整して。
袖をまくり、カットソーの白をアピールするのもポイント。

DRT2321-12[1]

光沢のあるパイソン柄パーカーを使った、質感でメリハリを効かせたワントーンスタイル。
シンプルなデザインのジャケットだから、どんなインナーを合わせてもクールに決まる。
ボトムとブーツの隙間から素足をのぞかせて、重くなりがちな黒コーデに抜け感を。

DRT2321-8[1]

最強にはまるのが、燕尾シャツ&黒パンツのコンビ。

ジャケットで縦のラインを強調するから、スタイルアップも叶えてくれる。
かっちりしたモノトーンスタイルで、カッコ良さも二割増し!

 

モードなアシメ襟デザイン ロング 変形 カーディガン

DRT2322-1[1]

アシンメトリーな衿のデザインが、モードなスタイルを約束する変形カーディガン。
程よい厚みと存在感のあるポンチ生地を使用しているから、アウター代わりにも着られる逸品。

DRT2322-4[1]

DRT2322-8[1]

モードな燕尾風シルエットで、さり気なくゴシックテイストもミックス。

衿と裾は縫い口をカットし、ダメージ風の風合いを演出。
毛玉もできにくい生地だから、レイヤードもおまかせです!

DRT2322-11[1]

人気のネコモドキTシャツをインナーに迎え、サスベルト付きパンツでメンズライクな着こなしに。
裾はブーツインして、太もも周りにボリュームを持たせ、メリハリのあるシルエットを演出。
カーデをサラッと羽織れば、カッコ良さも急上昇!

DRT2322-6[1]

ベルトデザインが目を引くパーカーをインナーに着用し、ミステリアスな黒×黒の2ーンコーデに。
カラスマスクをつけてウエストをベルトでマーク。

ハードな小物合わせで、ゴシックオーラを漂わせて。
ブーツのロゴもさり気なく同色で合わせておしゃれに味つけ!

 

モードなマント風シルエット 変形ボリューム カーディガン

DRT2323-1[1]

ワイドなシルエットのカーディガンは、ボタンを留めるとマントのような個性派シルエットにチェンジ。
デザイン・ボリュームともに存在感抜群だから、1着あるとコーデの幅も広がります。

DRT2323-4[1]

DRT2323-5[1]

肩とポケットにそれぞれシルバーボタンを配し、リッチに味つけ。
張り感と柔らかさのあるTR生地を採用しているから、落ち感のある独特のシルエット作りに成功!
ゴシック、モード、ミリタリーと、幅広いテイストに使える優秀カーデです。

DRT2323-3[1]

カットソーにカーデをONして、魔道士のようなミステリアスさを醸すスタイルに。
衿と袖口からグレーのインナーをチラ見せさせ、オールブラックコーデに、シックな差し色を。
カーデにボリュームがあるので、ボトムはブーツインしてミニマルにまとめて。
カラスマスクやシドリングチョーカーなど、クセのある小物使いで人と差がつくコーデに。

どんなアイテムにも合わせやすく、着まわし力も抜群。
テイストの振り幅も広い、ゴシックなライトアウターさえあれば、この春のおしゃれを極めたも同然!
重たいアウターからスイッチして、春を感じにストリートへと出かけて!

Deorart shop

Deorart shopはこちらからどうぞ↓

Deorart Shopをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*