2018春のモード&ジェンダーレススタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DRT2334-13[1

今やファッションは、性別を超えて自分らしく自由に楽しむのがトレンド。
その代表格とも言うべきおしゃれが“ジェンダーレススタイル”。

時にモードに、時にクールに、時にミステリアスに。
思いのままにファッションを身に纏う男女が、ストリートを闊歩する時代!
そのおしゃれをさらに楽しむべく、今回はモード&ジェンダーレスなコーディネートにフォーカス!
マイスタイルを極めたい人必見です!

クロップドパンツを使ったモード&ジェンダーレススタイル

DRT2332M-1[1]

ワイドなシルエットとクロップド丈のモードなシルエットがドッキングした、
インパクト抜群のガウチョパンツ。
ハトメでカスタム風に仕上げたレイヤードデザインのフラップを重ね、存在感を主張!
美しいシルエットは、どんなシーンにもマッチ!

DRT2332M-3[1]

フラップのベルトをサイドのDカンに通せば、好みの長さに調節可能。
ゴシックなデティールが冴え渡る、こだわり満載のデザインです。

DRT2332M-10[1]

インナーにむら染めのカットソーを合わせた、クールな2トーンコーデ。
足元は厚底のレースアップシューズでキレイめにまとめ、妖艶さもひとさじ加えて。

DRT2332M-15[1]

シャツとパンツのシンプルな組み合わせも、ボリュームタップのボトムだから人と差がつくコーディネートに。
ネクタイをラフに結び、アンニュイな雰囲気もプラス。
燕尾シャツとガウチョの組み合わせが最強におしゃれ!

 

レイヤードパンツを使ったモード&ジェンダーレススタイル

DRT2332L-1[1]

袴のようなワイドなシルエットのデザインボトムス。
パンツとフラップが一体化したニューデザインは、トレンドを加味しながらも個性をアピールできる逸品。

DRT2332L-4[1]

和風ミックスコーデからゴシックまで、幅広いテイストに対応できるワイドシルエット。
ユニセックスなシルエットだから、ジェンダーレスコーデのマストハブ!

DRT2332L-3[1]

パラシュートシャツとパンツのモードなモノトーンスタイル。
トップスの前裾だけをボトムインし、ボトムのフラップを主張。
人と差がつくコーディネートに。
厚底シューズで身長を盛ってさらなる迫力を。

DRT2332L-13[1]

白シャツとパンツの正統派モノトーンも、ワイドシルエットなら脱シンプルに。
小物使いのセンスも光るスタイル!

変形スカートを使ったモード&ジェンダーレススタイル

DRT2333-1[1]

パンツと合わせてはける、ユニセックスなスカート。
どこを正面にしてもはける変形デザインと、つけ替え可能なハトメデザインのベルト付き。
コーデに合わせてシルエットをチェンジできる優れもの!

DRT2333-6[1]

ベルトをはずしてシンプルに使ったり、ベルトをONしてハード&モードに決めたりと、
テイストもシルエットも思いのまま。
キレイな落ち感とシルエットが、歩く度に美しい動きを作ってくれる!

DRT2333-2[1]

パラシュートカットソーのベルトと、ボトムのベルトがコーデのワンアクセントに。
黒×ダークグレーの組み合わせもミステリアスで最高にクール!
厚底レースアップブーツで、足元だって抜かりなく。

DRT2333-10[1]

インナーを白にチェンジし、上からロング丈のカーデをサラリと羽織って
モードなモノトーンにスタイルチェンジ。

フードとカラスマスクの相乗効果で、ストリートでも視線を集めるコーデに。

 

ダウンカーディガンを使ったモード&ジェンダーレススタイル

DRT2334-1[1]

大きなフードとロング丈の着丈。
まるでゴシックのローブのようなミステリアスなシルエットを演出するロングカーディガン。
ライトアウターとしても活躍する、このシーズン持っておくべき一着!

DRT2334-5[1]

シワになりにくいポリエステル混のブロード地を採用しているから、持ち歩きにも便利。
重ね着にも重宝し、着まわし力だって抜群。
コーデにも合わせやすいオールブラックのシルエットも高ポイント!

DRT2334-9[1]

ドレープカットソーの上に、カーデをレイヤードしたハードゴシックスタイル。
むら染めの風合いとフロントのプリントが、媚びないカッコ良さを約束。
どのアイテムもロング&ワイドだから、インパクトも倍増!

DRT2334-13[1]

白の燕尾シャツにガウンカーデを重ねた、インパクト満点のモードスタイル。
全てをロング丈で合わせ、あえてメリハリを仕込まないのが迫力を醸す秘訣。
フードをかぶりカラスマスクで口もとを覆えば、ミステリアスな雰囲気も加速!

 

ロングスリーブカットソーを使ったモード&ジェンダーレススタイル

DRT2324-1[1]

程よい厚みと存在感を持った、ポンチ生地を採用した変形デザインのロングTシャツ。
フロントのベルト使いや長めの袖デザインなど、Deorartのこだわりが満載!
ロックやゴシックなテイストをミックスしながらも、コーデに取り入れやすい逸品に仕上げました。

DRT2324-6[1]

DRT2324-7[1]

フロントの下ベルトは、両サイドのDカンに通す仕様。
ベルトの締め具合が簡単に調整できる優れもの。
カラーも使いやすいホワイト、ブラック、ダークグレーの3色をご用意。

DRT2324-5[1]

スリムなパンツに合わせて、全体のシルエットをタイトにまとめたハンサムなスタイル。
王道のモノトーンスタイルも、パラシュートカットソーを合わせれば、たちまちおしゃれな装いに!

DRT2324-9[1]

オールブラックでまとめるなら、素足の抜け感作りが重要。クロップドパンツとブーツの隙間を調整し、全身黒コーデを軽やかにまとめて。トップスの裾をまくり、ベルトをチラ見せさせてコーデのアクセント作りに。

包帯プルオーバーパーカーを使ったモード&ジェンダーレススタイル

DRT2325-1[1]

包帯を巻き付けたマミーをイメージした、ベルトデザインが圧巻!
長めのスリーブの変形シルエットで、着るだけで個性的なスタイルを演出。

DRT2325-6[1]

DRT2325-7[1]

ストリートコーデにも合わせやすいTR生地を採用し、ロングシーズン使える着まわし力高めの一着。
ジャケットやカーデとの相性も良く、抜群の存在感を発揮してくれる!
ホワイト、ダークグレー、ブラックのカラバリもGOOD。

DRT2325-4[1]

モードなモノトーンスタイルは、ウエストをベルトでマークしてさらにスタイリッシュに。
トップスのベルトデザインと、ボトムのハトメ使いがコーデに辛口のスパイスを効かせてくれる!

DRT2325-8[1]

オールブラックなら、さらにジェンダーレスな魅力がアップ。
シルバーのチェーンやジップもコーデのアクセントづけに効果を発揮。
厚底ブーツとカラスマスクで、クールさをプッシュ!

Deorartのアイテムなら性別にとらわれず、自由に好きなファッションが楽しめます!
最強のコーデを身に纏って、この春のおしゃれをモノにして!

Deorart shop

Deorart shopはこちらからどうぞ↓

Deorart Shopをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. asa より:

    今年も着物スリーブ
    絶対絶対お願いしまーーーーーーす!!
    今年ディオラートを知り
    あの素敵アイテムを
    買えませんでした。
    よろしくお願い申し上げます。
    切に願います。

    大好きです❣️
    ディオラート

コメントを残す

*